ボスCMおまわりさん篇に永瀬正敏!年齢や再婚は?現在の出演も

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ボスCMおまわりさん篇に永瀬正敏!年齢や再婚は?現在の出演も缶コーヒーのBOSS、宇宙人ジョーンズのCM第55弾。このボスのCMは人気若手俳優の窪田正孝さんだけではなく、もう一人意外な方も出演されているのですよ。

その名も永瀬正敏さん!

永瀬正敏さんは映画畑の俳優さんだから、TVで見るのは珍しいですよね~。

永瀬正敏さんといえば、あの80年代の国民的アイドル・キョンキョンこと小泉今日子さんと結婚してたという事が有名ですね。その後、現在の再婚事情とか年齢とか気になるところですが…

その永瀬正敏さんは、一体どんな役で出演しているのかちょっと見てみましょう~♪

出展:http://mami-ch.blog.so-net.ne.jp/2016-09-16

スポンサーリンク

ボスCMおまわりさん篇に永瀬正敏!

■ボス『おまわりさん』篇 30秒 トミー・リー・ジョーンズ 永瀬正敏 窪田正孝 サントリー CM

配役は宇宙人ジョーンズの同僚で、同じく町の平和を守る“おまわりさん”でしたね。

サルの捕獲騒動事件で永瀬正敏さん登場です。

宇宙人ジョーンズと現場に向かって走り、捕獲用の網を握って迎え討とうとするも…サルは宇宙人ジョーンズの顔にへばりついて、無事保護されます。結局永瀬正敏さん扮する“おまわりさん”は、何もやっていないのですが(笑)

サルの捕獲騒動後、現場を立ち去る際に町の人々にお礼やねぎらいの言葉をかけられ、しみじみと語った言葉がこれでしたね。
 

小さいよなあ~、俺たちがやっていることって
 

毎日毎日、町の平和を守るべく、どんな小さなことでも町の人の手助けをして。お年寄りの話を聞いたり、子供たちの為に交通整理をしたり、若者に注意をしたり、車を助けたり、外国人に対して道案内したり。

それを受けて、宇宙人ジョーンズはこうレポートします。
 

この惑星の大きい平和は、小さい平和の積み重ねだ
 

そう、町の人たちは“おまわりさん”に平和を守られているのですね。(しみじみ)

ボスCMおまわりさん篇 窪田正孝(今どき若者)の人気の理由はこれか!
ついこの間まで、宇宙人ジョーンズとタモリさんの掛け合いが記憶に新しいとこですが、またまた微笑ましいボスの新シリーズCMが届きましたね...

さて、このCMでは一場面しか登場しませんでしたが、CMの撮影エピソードを見ると「クールな佇まいに秘めた熱い役者魂」を見せてたようです。

その“熱い役者魂”の永瀬正敏さんのプライベートはどうなっているのでしょうかね?

年齢や再婚のプライベートはどう?

ボスCMおまわりさん篇に永瀬正敏!年齢や再婚は?現在の出演も2
出展:http://news.walkerplus.com/article/54536/image299060.html
永瀬 正敏(ながせ まさとし)
生年月日: 1966年7月15日 (50歳)
出身地 : 宮崎県 宮崎市
身 長 : 172 cm
配偶者 : 小泉 今日子 (1996年 – 2004年)

年齢は50歳ですか!!その年齢にはみえないですね~いい年の取り方をしてますね。

永瀬正敏と言えば、悲しいけれど元妻キョンキョンがセットになってしまってますが、再婚はしていないようですね。だから今だに小泉今日子さんの名前が出てきてしまうのかもしれません。

当時の結婚発表のお二人はとてもお似合いだった記憶があります。だから離婚は非常に残念でしたよね、、

再婚はしなくても仕事が充実していれば良いのかもしれませんが、これからでもいいお相手が見つかればとも思います。

永瀬正敏さんのファンはどう思っているのでしょうか?

ツイッターの声

 
なかなかTVドラマに出演されない俳優さんなので、少しのシーンでもCMで姿が見られれば、ファンは嬉しいですね。テンションの高いツィートもわかりますよ(笑)

CM以外にも、これから映画も公開されるようで、ファンの方は楽しみが増えますね(*^▽^*)

現在の出演作などにも、もう少し追ってみようと思います。

現在の出演作品はなに?

俳優としての永瀬正敏さんは、TVドラマというより、なんと言っても映画でしょうね。17歳でデビュー後20代30代と多くの作品に出演されていて、出演作品に見合うくらいの主演男優賞や助演男優賞など多く受賞されています。

現在(最近)の出演作品はこちら。

「蜜のあわれ(石井岳龍監督作品)」
「64 -ロクヨン- 前編・後編(瀬々敬久監督作品)」
「後妻業の女(鶴橋康夫監督作品)」

 
昨年話題になった「あん(河瀬直美監督作品)」や今年に入ってからも話題作ばかりに出演されてますね。

ツイッターでもこの秋新作が公開されるとありましたね。

そのほかにも“アジア三面鏡~Asian Three-Fold Mirror 2016”「Reflections(行定勲監督作品)」が10/26東京国際映画祭にてワールドプレミア上映されるようです!

また海外の作品にも数多く出演していて、記憶に新しいのは、2014年「KANO 1931海の向こうの甲子園(台湾、馬志翔監督作品)」で、この作品は国内外で絶賛された作品のひとつです。

この夏行われた『台ワンダフル』というイベントでもこの「KANO」を取り上げられていて、現在も根強い人気を保っています。

世界で活躍する日本人俳優はそんなにいないので、永瀬正敏さんのワールドワイドな活躍をさらに期待したいですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!
どんどんコメントいただけると嬉しいです^o^
(アドレス入力は必要ないです)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアありがとうございます!

更新情報をお伝えしてます!

フォロー待ってます!