焼そばU.F.O.CM 吉川晃司とレイア姫(水原希子) 最後のオチどうしたw

スポンサーリンク
スポンサーリンク

焼そばUFO 吉川晃司

うわ〜!やられた!!

まずこれが第一印象です。日清のCMはいつもアイディアが豊富で、突拍子もない内容だったり、キャラクターやストーリーが意味不明だったりしますが、ここ数年の中でも、これはナンバー1の傑作かもしれません。

焼そばU.F.O.のCM、詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

焼そばU.F.O.最新CM

■吉川晃司、全編英語の“B級SF映画”風CMでヒーローに 姫役の水原希子と初共演

ね。やってくれましたよね。あの吉川晃司ですよ。こういう2枚目でカッコいい人の3枚目路線は大好きです!

登場人物は、ソース役の吉川晃司と、エクストリーム姫の水原希子。動画タイトルにある通り、全編を貫かれるのは英語のセリフと、B級感たっぷりのSF映像。セリフなんて、ほぼほぼ単語です。

Hurry up!
Help!
Extreme!
Sauce!

一番ウケるのは、吉川晃司の「Forever(フォーエバー)」の裏声w

ラウドネス高崎晃のプライムギターを彷彿とさせるボディー(しかもデカイ)を手に、宇宙で愛を囁くというシュールさ。この歌声に、水原希子もうっとりです。水原希子といえば、このキャラクターはどう見てもレイア姫。CMの設定がスターウォーズⅣのパロディのような感じなので、間違いないでしょうね。

しかし、吉川晃司はルークではなく、少年ジャンプの昔のヒット作「コブラ」のような印象です。展開もなんか破綻してるしw
 
 
おいしい、の その先へ。
 
 
最大の見せ場のところで、UFOを食べる吉川晃司がインサートされたり、エクストリームを救出して脱出して、ハッピーエンドと見せかけておいて、けっきょく撃ち落とされるという。何このオチ(笑)

たしかに、その先へ行けそうw

エクストリームソース。かなり興味津々です。

関連記事 【ヤキソバン】マイケル富岡CM遂に来たwギャラや仕事が現在高騰中?
関連記事 焼そばUFO[CM]父親誰?ってマイケル富岡!ヤキソバンがダークサイド
関連記事 カップヌードルCM・OBAKA’s大学 矢口真里と新垣隆の自虐がすごい!
関連記事 日清カップヌードルライトプラスCM 渡辺直美ドヤ顔 いい女の名言!

焼そばU.F.O.の由来と吉川晃司の感想

焼そばUFO 吉川晃司

このU.F.O.の3文字。どんな意味なんだろうって考えたことはありますか?

もちろん未確認飛行物体のそのままの意味ではなくて、U→うまい、F→太い、O→大きいということだそうです。(ぜったい後付やw)
 
今回のCM撮影にあたって、吉川晃司もノリノリで挑んだそうです。一番の見どころは、「美味しそうに食べているところ」なんだとか。たしかに(笑)

 
ドラマ「下町ロケット」や映画「さらば あぶない刑事」の演技とは、一線を画する演技ですね。エンターテイナーとはこういうことなのかもしれません。

これはヤキソバンのように、シリーズ化されることを強く願います。ぜひ作って欲しい!

あと、NHKの放送90年、大河ファンタジー「精霊の守り人」も楽しみでなりません!

読んでいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアありがとうございます!

更新情報をお伝えしてます!

フォロー待ってます!