加湿器&アロマ☆逆効果?要は使い方次第!量や成分も注意だね

スポンサーリンク
スポンサーリンク

加湿器 アロマ 効果

加湿器やアロマテラピーを利用する人って多いですよね。喉や肌の乾燥や美容の保湿、不眠解消といった効果に期待する場合が多いと思います。

でも正しい使い方をしないとけっこうヤバイらしいんです(恐)

加湿器&アロマを利用するうえでの注意点をまとめました。
 

スポンサーリンク

加湿器&アロマ☆基本中の基本・とにかく清潔に!

当たり前過ぎと笑われるかもしれませんが、長く使ってるとついつい掃除もおろそかになってしまうもの。でも容器を清潔に保つことが、やっぱり基本中の基本です。常温の水は、カビや雑菌が繁殖しやすいですし、それが気化されてそのまま部屋中に拡散させてしまいます。

また、結露が原因でカビが発生する場合もありますし。

アレルギーで目が真っ赤になったり、咳が止まらなくなったりといった、ひどい症状にもなりかねません。小さい子供や赤ちゃんは、免疫力も低いですからね。

加湿器病とも呼ばれるそうですよ。

風邪やインフルエンザの予防、美容のことを考えて使っているのに逆効果だった、なんてことにならないよう注意しましょう。

最低でもこれは徹底したい

この3点くらいは徹底したいところです。

  1. 毎日容器の水換え
  2. 水の継ぎ足しは絶対にしない
  3. 週に一度は徹底掃除

 
手間はかかりますが、難しいことではないですから。
 

アロマオイル=天然と思ってた!?

アロマ 量 成分

アロマオイルというと、天然の油という印象を持ちませんか?これ、大きな間違いなんですよね。

植物から抽出された100%天然の油は、精油(エッセンシャルオイル)と呼んで、アロマオイルは合成油なんです。香料や保存料などが含まれるということですね。

合成=不純というわけではないので、薄めて気化する程度なら特に心配はありません。ただし、マッサージなど、直接肌につけるような使い方は避けた方が良さそうです。購入の際は必ず成分もチェックしましょう。

量(濃度)もきちんと考えよう

精油(エッセンシャルオイル)は、1滴でも香りはとても強いです。中には、植物成分の100倍以上濃縮されたものもあるほど。原液のまま利用するのは、肌や器官の刺激が強いので避けましょう。

お風呂でも5滴程度でいやし効果を発揮しますし、アロマテラピーでも数滴でOK。

蒸しタオルなんて1滴で十分ですよ。
 

加湿器&アロマ☆犬や猫も家族だから!

犬や猫は、嗅覚や味覚、触覚など、色々な面で人間より敏感です。人間が普通に食べられる物がNGなんて場合もあって、玉ねぎなんて有名ですよね。

加湿器やアロマを使う場合も十分気を配ってあげる必要があります。カビの生えた蒸気や精油も、人間以上にダメージが大きいのですから。特に、猫は精油が体内に入ると、排出も代謝が出来ず、命を落とす危険もあるそうです。

大切なペット、というか家族の安全を守るため、ポットの置き場所はもちろん、保管場所も考える必要がありますね。
 

今回のまとめ!

手軽に利用できる加湿器やアロマ。思わぬところに危険ってあるものですね。

「ものは使いよう」なんでもそうなのかもしれません。

安全に正しく利用したいものですね。

読んでいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアありがとうございます!

更新情報をお伝えしてます!

フォロー待ってます!