SURFACE☆椎名の声良いし名曲揃い! コロチキ『さぁ』も

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SURFACE 名曲

キングオブコント2015見ました?

優勝はダークホース的なコロコロチキチキペッパーズ。面白かったですよね!

今回はこのお笑いコンビについて書くわけじゃなくて、そのネタをきっかけに再評価されそうなロックグループ。

SURFACEの名曲を振り返ります!
 

スポンサーリンク

SURFACEってユニットについて

SURFACEは1993年から2010年まで活動していたロックグループ(ユニット)

デビュー当時は、B’zの廉価版とかクローンとかディスられてた記憶がありますね。実際事務所もその路線で売り出していましたし、本人達からもリスペクトの断片は感じられました。

特にボーカルの椎名慶治(しいなよしはる)さんの歌詞ライティングや歌唱法は、稲葉浩志さんに類似点を多く感じさせました。

ただ、ひとつ決定的に違ってたが椎名慶治さんのトーク力

物静かに語る稲葉浩志さんとは対照的で、明るくお笑いセンスも光ってました。HEY!HEY!HEY!では松ちゃんにいじられ、浜ちゃんにどつかれで笑いをとってましたね。
 

永谷喬夫(SURFACEギター)現在の作曲やアイカツ 復活あるか
  コロチキ(コロコロチキチキペッパーズ)のキングオブコント2015優勝効果のおかげで、古いファンの再燃や、新しいファンの獲得が進行中...
 

ユニットが全盛の時代でしたね

90年代はじめは、大成功していたBeing系をはじめ、ユニット全盛期だったと思います。

ボーカル&ギターとか、ボーカル&キーボードとか。KIXSとかMANISHといった、女性ユニットも人気でした。

SURFACEの結成もその時代背景が強く、じゃなかったらバンド形態だったかもしれません。
 

SURFACEといってもwindowsじゃないからね

運がないというか何というか。

ユニット名が、完全にWindows搭載のタブレット機(笑)

「サーフィス」と「サーフェス」と、読み方は違いますけど。

でも考え方によっては、SEO的にも人々の記憶的にも、逆に美味しいかもしれないですね。

僕もサーフェス出たとき、サーフィス思い出しましたし(笑)
 

コロコロチキチキペッパーズが好きになった!

キングオブコントで、披露されたコロコロチキチキペッパーズのネタに、SURFACEの「さぁ」が使われました。しかもガッツリと。

ネタの面白さに関わるというか、もう「さぁ」があったからこのネタが生まれたんだろうって思うくらいでしたね。

コロコロチキチキペッパーズは、よしもと所属のお笑いコンビで、関西圏ではテレビにも出だしてるそうですが、全国的にはまだまだ無名。

以前「今夜くらべてみました」にナダルさん(ええ声の方)が出演してたんです。

お笑い好きな僕は「売れる!」って直感しました。こういうの当たると、けっこう嬉しいですよね(笑)

コロコロチキチキペッパーズが優勝したことを期に仕事が増え、SURFACE「さぁ」も当然注目されます。

SURFACE再結成とかに直結するとは思いませんけど、再び評価されるのは素直に嬉しいですね。

コロコロチキチキペッパーズありがとう!
 

コロチキ西野がかわいいだと?ネタ作りの司令塔の年収と借金
キングオブコント2015で優勝したコロコロチキチキペッパーズ。 前評判もそんなに高くない、比較的ダークホースな存在だったので、...
 

僕な好きなSURFACEベスト5

なにかとB’zと比べられることが多かったSURFACEですが、音楽的な路線はずっとポップでした。

椎名慶治さんのハイトーンボイスが栄える名曲も多かったです。

ということで僕の好きなSURFACEの名曲を5曲ご紹介!
 
「さぁ」
 


 
もちろん最初はこの曲。

思い通りにならないもどかしさを歌った恋愛ソングですね。

サビの「さぁ!」「くれぃ」がなければ、コロコロチキチキペッパーズのネタはなかったはず!

※テレビ朝日系アニメ『守護月天!』オープニングテーマ
 

 
 
「なあなあ」
 


 
この曲はけっこうB’z寄りですね。

ブラスが効果的に使われていて、サウンド的にもカッコいいです。女性の前では弱い男性像の歌詞がけっこう多いですね。

さすがに「椎名くんでもいんだよ」は実話じゃないでしょう。

※NHK『ポップジャム』エンディングテーマ
 

 
 
「なにしてんの」
 


 
SURFACE真骨頂のポジティブソング。

「動き出さなきゃ何も始まらない」シンプルなメッセージが刺さります。

当時カラオケで良く歌ってました(遠い目)

※フジテレビ系ドラマ『お水の花道』エンディングテーマ
 

 
 
「それじゃあバイバイ」
 


 
こちらは、デビュー曲のセルフカバーバージョン。

30代後半になった椎名さんの熟成されたボーカルが堪能できます。といっても、やっぱアグレッシブさは相変わらず。

椎名さんの声の、高音の抜ける感じがとても好きです。

※フジテレビ系ドラマ『ショムニ』オープニングテーマ
 

 
 
「その先にあるもの」
 


 
そして最後はバラードです。

バラードといっても恋愛モノじゃなくて、ポジティブな人生ソング(?)ですね。当時ヘビロテしてました。

シンプルに、頑張ろうって気持ちにさせられる名曲です。

グッバイ マイ ウィークネス!

※フジテレビ系ドラマ『新・お水の花道』エンディングテーマ
 

 
 

SURFACEのベスト・アルバム!

紹介した曲はもちろん、他にもいい曲がたくさんあるSURFACE。

ベスト・アルバムで全部聴けちゃいますよ。

DVDはラストライブらしいセットリストですし、ラストの涙も感動的です。
 

 
 

 

今回のまとめ!

改めて振り返ってみると、ホント名曲揃いですね。

懐メロって、思い出して聴きだすと止まらなくなりますよね(笑)

しばらくSURFACEばっかり聴く日々になりそうです。

読んでいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアありがとうございます!

更新情報をお伝えしてます!

フォロー待ってます!